在校生専用ページ
ID学園高等学校
資料請求
説明会・個別相談
Web出願
教職員採用情報
ID学園高等学校

通信制高校に高3から転入する場合に気をつけたい事

高校3年生で通信制高校に転入したいと考えている方は手順、手続きや単位の引継ぎなどについて悩まれているのではないでしょうか。
高3での通信制高校への転入はもちろん可能です。
気をつけたいポイントを確認し、転入時のヒントとしてください。

通信制高校に高3から転入する場合に気をつけたい事

高3で転入するとどうなるの?

高3で通信制高校へ転入するとどうなるの?と言うことがまず第一の疑問点となるでしょう。

まず、転入を考えた時には転入と編入の違いについて理解しておかなければなりません。過去の記事でも転入と編入の違いについては解説していますが、特に高3での学校間の移動の時には一度退学しているか否かで卒業の時期などが変わってくるので注意が必要です。

転入:現在在籍中の学校から他の学校へ移ること

転入だと高校の在籍期間に高校に通っていない期間がないのでスムーズにいけば最短3年間で卒業が可能です。
単位の引き継ぎは高2の3月まで在籍していた場合は高2で修得した単位をある程度を次の学校に引き継ぐことができます。

編入:一度学校を退学してから別の学校に入学すること

編入の場合、前に通っていた学校をいったん退学して、新しい学校に入り直すことになるため、卒業期間が伸びてしまうことになります。

学校によって延びる時期は変わりますが、ID園高等学校では最低でも半年程度伸びることになります。高3での編入をする場合は卒業のタイミングについてもよく考えて行動する必要があります。

ID学園の場合は年に2回(9月・3月)卒業時期があります。

通信制高校に高3から転入する際に気をつけたいこと

高3の時点で転入する場合や、現在高校2年生で、高3のタイミングで転入したいと考えている場合も注意しなくてはいけない点があるので確認しましょう。

転入する時期に注意

高校3年生で転入する際には転入する時期について注意しなくてはいけません。特に2学期以降に転入する場合は、転入先の通信制高校の卒業条件として「何ヶ月以上在籍する必要がある」などと条件を提示している学校もあります。

在籍期間が足りなければ同じ学年の生徒たちと一緒に3月で卒業すると言うことが難しくなってしまいます。

転入は、随時募集している通信制高校が多いですが、最終の転入可能時期がありますので、転入先での必要な在籍期間の有無についてもよく確認してから手続きをするように心がけてください。

ID学園高等学校では高校3年の12月1日付転入が同級生と同じタイミングで卒業する場合の最終転入可能時期です。※引継ぎできる単位数に寄りますので事前にご相談ください

また、必要な在籍期間がなくても卒業に必要な提出課題などが終わらないと卒業資格を得られないと言う場合もあるので高3途中で転入を考えている方は課題の確認も必要です。

また、現在高2で、高3になるタイミングで通信制高校へ転入を考えている場合は4月(年度の変わり目)での転入がベストです。

受付(出願)から入学までに必要な時間は各通信制高校によって様々です。

各学校に問い合わせてから転入の手続きをしましょう。転入が可能な方はくれぐれも通っていた学校を「退学」しないように気をつけてください。転入は前の学校を退学する必要はありません。転入手続きが必要となります。

修得している単位数と修得可能な単位数の上限に注意

卒業を意識している高3の時期に通信制高校へ転入する場合は、修得している単位数と卒業するために必要な単位数に注意する必要があります。

高3の時点で通常であれば既に50〜60単位取得している場合が一般的です。卒業に必要な単位は74単位以上ですので、その場合、必要な単位数は14~24単位となります。但し、前籍校から単位がすべて引き継ぐことができるわけではないので事前の確認が必要となります。

同級生と一緒のタイミングで卒業したい場合は、必要な単位数を期間内で修得可能な通信制高校を選択しましょう。

転入時期によって修得可能な単位数の上限が変わるため、事前に問い合わせてから転入を考えましょう。

学費に注意

学費についても考える必要があります。公立の通信制高校であれば入学金含め、学費が安く設定されている他、授業料無償化制度を利用することで実質学費が無料になるのですが、私立の通信制高校であれば学費が無償化制度を利用しても上乗せで必要になる場合が多くあります。通信制高校へ転入するにあたって、以前の高校の分にプラスして上乗せした学費がかかることを計算しておくべきです。

通信制高校で必要な学費
入学金、諸経費、授業料、スクーリング費、施設設備費など

学費をなるべく抑えることを考えるなら以前の高校でどれだけ単位を修得していたか?が鍵となります。

例:高校2年生3学期で通信制高校への転入を考えている人

①欠席が多くなり、高校2年の1月で通信制高校に転入した
・引継ぎできる単位→高1の分だけ約25単位
・転入先の通信制高校で修得必要な単位数:74単位ー25単位=49単位
・1単位にかかる授業料が1万円だった場合:49万円

②欠席が多くなったが、なんとか高校2年の3月まで通学し、高校3年生4月に通信制高校に転入した
・引継ぎできる単位→高1と高2の単位(25単位+25単位)約50単位
・転入先の通信制高校で修得必要な単位数:74単位ー50単位=24単位
・1単位にかかる授業料が1万円だった場合:24万円

このように学年途中で転入するのと、学年末まで通学し進学のタイミングで転入するのとでは学費も25万円の開きがあることになります。

もちろん、本人の体調を優先させる必要がありますが、通学日数を確保することで1学年分の単位(約25単位)を修得することができるのであれば進学するタイミングでの転入をお勧めします。

また、学年後期から転入する場合は授業料が割引される割引制度を設けている学校もありますので上手に制度を利用して学費を抑えられるように工夫したいものです。

学校推薦、指定校推薦、大学受験が受けられなくなる可能性があるので注意

高校3年生での転入時期によっては、学校推薦が受けられない、指定校推薦の対象にならない、調査書の発行に時間がかかるなど大学受験に関わるサポートが十分に受けられなくなる可能性もあるため、大学受験を目指している方は、高校3年の年度初めに転入されることをおすすめします。事前に各学校に高校3年次での転入においての受験サポートなどについてお問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

高3で転入する場合の単位引継ぎについて

高3の学期途中で通信制高校へ転入する場合、引き継げる単位は高校2年生までに取得したうち転籍先の学校が認める分となります。

現在高校2年生で3年生からは通信制高校で学びたいと考え、通信制高校への転入を考えている方の場合は進級と同じタイミングで転入することができれば高2で取得した単位も引継ぎ可能です。

高2の学期途中での転入と、高3になってからの転入では引継ぎできる単位に違いが出てくることを意識しなくてはいけません。

高2の1月〜2月の間で既に留年が決まった場合、たとえばある教科のみ単位を落としてしまった方については他の単位は取れていることになるので1年次30単位2年次20〜25単位を取得しているはずです。3月末の時点で留年せずに、通信制高校へ転入することができれば、残りの単位(19〜24単位)を3年次に取得すれば同じ学年の子たちと一緒に卒業することが可能です。(高校1.2年でおよそ50単位程度を取得できている場合)

転入時に必要な手続きについて

高3での転入時は卒業の時期に関わるため、いつまでにどんな手続きが必要なのかと言うことを把握しておく必要があります。

通信制高校へ転入する場合は以下のものが必要になることが一般的です。

転入
入学願書
成績・単位取得証明書
在籍証明書
(現在在籍する高校が発行)
必要書類転学照会書
(現在在籍する高校が発行)
証明写真
受験料の振込証明書
※健康診断書(学校による)
※作文(学校による)

転入の届けを出してから早ければ2週間後には入学できるという学校が多いようです。前もって1ヶ月は余裕を見て在学中の学校に必要書類を揃えてもらえるようお願いすると良いでしょう。

また、高校三年生の転入の場合は最低在学期間を設けているところがあるため転入を希望する時期から計算していつまで在籍する必要があるのかを把握し、行きたい学校が自分の希望する時期に卒業可能なのかを前もって調べておくことをお勧めします。

高3での転入のまとめ

高3で全日制や定時制などから通信制へ転入をする場合は単位の引き継ぎと、卒業時期、在籍期間などを基準に入学時期と転入先の学校選びをする必要があります。

在学中の高校で何らかの不都合を感じ通学が難しくなった場合、一旦やめてしまうことを考える方も多いと思います。ですが、「退学」をしてしまうと、少なくても卒業時期が半年間は伸びてしまいますし、履歴書に「〇〇高等学校 中退」という文字が残ってしまいます。転入を選ぶことで退学や中退せずに済むので一旦学校を辞める前に転入について前向きに検討してみましょう。

ご案内

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ID学園高等学校は

一人一人にあった高校生活を一緒に考えます。

無料:電話相談0120-426-966 無料:オンライン相談も説明会個別相談はこちら 資料請求 Web出願受付

Copyright (C) 2021ID学園高等学校 ALL Right Reserved

HOME Web出願 資料請求 説明会
相談会