在校生専用ページ
ID学園高等学校
資料請求
説明会・個別相談
Web出願
教職員採用情報
ID学園高等学校

通信制高校にも制服や校則はあるの?

登校日数を自分で決めることが可能な通信制高校ですが、制服や校則は全日制と同じように定められているのでしょうか。服装・髪型・メイクにアクセサリー……おしゃれをしたくても、校則が厳しければ好きなようにはできません。そこで今回は、通信制高校の気になる制服事情と校則についてお伝えします。

「通信制に興味があるけれど、可愛い制服が着れなくなるのは嫌!」そんな悩みをバッチリ解決させ、新たな通信制高校ライフを始めましょう。

通信制高校に制服はある?

高校生がまず気になるのは「制服」ではないでしょうか。通信制高校には制服がないと思われがちですが、実は制服を採用している学校も多いのです。スクーリングが多い通学型を取り入れているといった通信制高校は比較的制服が用意されており、全日制に近い感覚と言えるでしょう。登校日が少ない学校でも、徐々に制服を取り入れるところが近年増えてきています。中には、何パターンもの制服から好きに選ぶことができたり、生徒の声を参考に制服をリニューアルしたりする学校も。有名ブランドのプロデュースなど、凝ったデザインの可愛い制服もあるので、通信制高校選びのひとつの基準としてお気に入りの制服を探してみるのもいいですね。

通信制高校に校則はある?

つづいて、校則についてみていきます。学校案内資料や公式ホームページに目を通すと、授業の特色や行事については書いてあっても、校則について触れている通信制高校はなかなかありません。各学校の校則の詳細は、やはり入学してみないとわからないというのが実情です。

一般的に通信制高校の多くでは、校則自体はあるものの、全日制のように細かなところまでは制限されていません。通信制高校に通う生徒は年齢も事情もさまざまなため、一人ひとりを尊重する意味でも自由な校風となっています。

しかし、校則が厳しくないといっても、何をしても許されるわけではありません。モラルや一般常識、人への思いやりといった最低限のマナーについては、明記されていなくても守る必要があります。通信制高校では、身だしなみや学校生活に関する規則だけでなく、時間割を組むところから勉強の進め方まで各自に任されています。自己管理次第では甘えが生じ、単位を落として卒業が遅れてしまうことも。自由には同時に責任も伴うということを常に覚えておきましょう。

私服がOKなので基本的に服装は自由

通信制高校へ通学する際の服装は自由とされていることが多いです。必ず制服を着る・私服・どちらでもOKなど学校によって異なります。入学式・卒業式などの行事の時は制服を着用すると決められている学校もあります。

服装が自由だと、流行を取り入れたり個性を発揮したり、お気に入りの私服で授業が受けられます。毎日好きなものが着られて通学時の気分も上がるのではないでしょうか。

また、通信制高校に通う生徒の中には、昼間の空き時間に仕事やアルバイトをしている人もいます。私服OKということは、職場の制服で学校に来ても差し支えありませんし、アルバイト先へ行くときに学校の制服だと目立ってしまう、という理由で私服通学を選ぶ場合もあるでしょう。

一方で、私服にこだわりすぎて制服以上にコストがかかる、毎朝コーディネートを考えるのが面倒という方には制服がおすすめです。制服であれば、かかる費用は基本的に最初の購入時のみ。流行に大きな影響を受けることなく卒業まで着ることができます。私服を着るのはプライベートな時間、制服を着ると学校モード、というメリハリも生まれますね。

必ずしもどちらかに統一するのではなく、その日の気分によって制服か私服か選べるところが通信制高校の魅力です。

可愛い制服の着こなしも楽しめる

全日制の厳しい校則下では、制服は正しく着なくてはいけないという縛りをよく耳にします。「スカートは膝が見えないように」「ワイシャツの第一ボタンは留める」「ネクタイやリボンはゆるめない」など、制服を着たことがある方ならば、一度はこのような規則を経験してきたのではないでしょうか。

その点、多くの通信制高校では制服をアレンジして着ることが認められています。生徒の中には、私服に制服のブレザーのみを合わせるといった上級テクニックでファッションを楽しむ姿も。少し着崩したり1アイテムを足してアレンジしたりと、制服でも自分らしさを発揮できます。

【指定のものからアレンジ例】

  • ソックスの素材・色・丈を変更
  • ネクタイ・リボンの素材・形・色を変更
  • 指定ベストをニットベストに

【プラス1アイテムでのアレンジ例】

  • +ベスト
  • +カーディガン
  • +セーター
  • +スウェット
  • +パーカー
  • +スタジャン

また、指定の制服ではなく、市販のブレザーやスカートを組み合わせて自分なりの制服スタイルを作り、制服風コーディネートを楽しむ生徒もいます。日々の学校生活のスパイスに、自分なりの制服アレンジを取り入れてみてはいかがでしょうか。

髪色やピアス、化粧も自由な学校もある

校則で厳しく定められていないため、通信制高校では髪色・ピアス・化粧などは制限されていないという学校もあります。そういった学校では髪色が派手だから、メイクが濃いからといって先生が対応を変えられるようなことはありません。通信制高校では、そこも生徒の個性として受け止め、一人ひとりと向き合ってくれます。

ただ、あくまでも通信制高校へ勉強しにきているという本来の目的から外れないよう、個々が意識を持つことは大切です。通学型であれば、同じ教室で学ぶ仲間に不快感を与えないような服装を心がけましょう。面接や式典などの改まった場では、その場にふさわしい服装や髪型が好ましいです。通信制高校を卒業し、一人の社会人として生きていくためには、在学中から自分の見せ方・TPOについて考えておくとよいでしょう。

通信制高校では校則が厳しくないと説明してきましたが、一部の学校では染髪などが認められていない場合があります。また、専門的なコース(美容・服飾・調理など)によっては校則の細かさが変わってくることも。例えば、調理の実技には清潔感が欠かせないためネイル類は制限されるでしょうし、美容師スキルを学ぶ場合は授業で生徒同士が染髪をするかもしれません。

将来の目標を叶えるためであれば多少の校則は気にならないと思いますが、どうしても気になるポイントがあれば学校に問い合わせ、入学前に疑問を解決させておきましょう。

ID学園高等学校の制服(標準服)を紹介

ID学園高等学校では、登校時の服装を自由としています。購入は任意ですが制服(標準服)も用意されているので、制服が着たいという方には嬉しいですね。制服登校・私服登校・制服アレンジが認められており、その日の予定や気分に合わせて選ぶことが可能です。

ID学園高等学校の制服は落ち着いた雰囲気の中にもデザイン性があり、おしゃれと評判!

では、どんな制服なのかご紹介します。

ID学園高等学校の制服
引用:ID学園高等学校(https://id.ikubunkan.ed.jp/schoollife/event-uniform/

【ID学園高等学校の制服 5つのポイント】

  • 系列校である郁文館高等学校、郁文館グローバル高等学校、郁文館中等学校と共通デザインの制服
  • 学校ごとにリボンとネクタイの色が異なり、ID学園高等学校はシックな赤
  • ブレザー、シャツ、ボタンなどにロゴマークを採用
  • 清潔感のあるブレザースタイル
  • スカートはピンストライプ柄で飾りベルト付き

せっかく制服を着るなら、通学のモチベーションを上げてくれるデザインがよいと考えるのは自然なことではないでしょうか。ID学園高等学校の制服は、清楚で都会的な印象です。ネクタイとリボンの赤が差し色となって、顔周りを華やかに彩ってくれます。スカートの柄がチェックではなくピンストライプなところも注目すべきポイント。

制服にこだわりたい方にもおすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

私服でも制服でも、勉強の負担とならない服装が一番です。自分の好きなものを着ることでこれからの学校生活をより楽しめるよう、そして満足いく通信制高校選びができるよう、心から応援しています!

ご案内

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ID学園高等学校は

一人一人にあった高校生活を一緒に考えます。

無料:電話相談0120-426-966 無料:オンライン相談も説明会個別相談はこちら 資料請求 Web出願受付

Copyright (C) 2021ID学園高等学校 ALL Right Reserved

HOME Web出願 資料請求 説明会
相談会