在校生ログイン
ID学園高等学校
資料請求
説明会・個別相談
Web出願
教職員採用情報
ID学園高等学校

通信制高校はなぜ「やめとけ」といわれるのか?

通信制高校をインターネットで検索すると「やめとけ」や、「人生終わり」などネガティブな検索ワードも付随してみられます。なぜ、通信制高校が「やめとけ」と言われるのかその理由を探ってみました。

通信制高校で検索すると表示されるネガティブなキーワードの検索文字

するとこれらのネガティブワードは一昔前の通信制高校のイメージから来るものと言うことが見えてきました。これから通信制高校への進学を視野に入れてリサーチしている方達にむけてこれらのネガティブに思われがちなイメージと現実の差をお話ししたいと思います。

通信制高校がやめとけと言われる理由1. 大学進学率の低さ

通信制課程の卒業後の状況グラフ平成30年度間

文部科学省が令和2年度に発表した「高等学校通信教育の現状について」の資料より「通信制課程の卒業後の状況(平成30年度間)」をみてみると通信制高校を卒業した生徒の18%が大学進学、21.7%が専修学校進学、19.6%が就職、それ以外が34.7%という結果が見えてきました。

確かに、通信制高校を卒業した生徒が大学進学する割合は全体の18%ですので進学率だけを見ると低く感じます。

通信制高校は全日制高校と違い就職することを目的とした専門コースを選択し卒業後は就職する方達も多くいます。また、実際に働きながら高校卒業資格を得るために通信制高校に入学し学んでいる生徒さんや、芸能活動やスポーツなど専門分野に打ち込みプロを目指す生徒さんなどもいます。

通信制高校の特色上、必ずしも大学進学を目指している方が多く入学するわけではないということを考えると大学進学率が低く出てしまうということは当然の結果といえるでしょう。

大学進学を目指すなら目的に合わせた通信制高校とコース選びが必要

通信制高校に通うと大学進学は無理か?というとそうではありません。
近年、私立の通信制高校では大学進学のためのハイレベルな授業を展開するコースを開設していたり大学進学に特化した授業を受けられる通信制高校も増えてきました。

大学への推薦枠をもっていたり総合型選抜(旧AO入試)に力を入れている通信制高校もあるので自分の目標が大学進学なのであれば進学に力を入れている通信制高校への入学を考えることをお勧めします。

ID学園高等学校は大学入試に向けたコースも充実

ID学園高等学校では進学ガイダンスや出願校決定ガイダンス、進学フェアへの参加、面接指導や作文の添削など、進学にまつわる様々なサポートを実施しています。また、大学入試に向けたハイレベル授業を開講し、希望生徒が受講できる環境を整えております。加えてAI学習や、スタディサプリを利用した受験対策で積極的に学びたい生徒をサポート。目標設定に応じて1年次からでも大学受験に向けたハイレベル授業を受けることも可能です。

ID学園通学型総合進学コースについて詳しく見る

あわせて読みたい
通学型 総合進学コース 【一人ひとりの目標達成に向けて協力にサポート】 月曜日から金曜日まで通うことで、たくさんの仲間と出会い、多様な学びや経験を重ねて、高校生活を思い切りたのしむこ...

通信制高校がやめとけと言われる理由2. 卒業後に就職できないと思われがち

通信制高校を卒業しても就職に不利だと思っている方が多くいらっしゃることに驚きます。結果からお伝えすると通信制高校を卒業したからといって就職できないことはありません。

出典:文部科学省 初等中等教育局 参事官(高等学校担当).「通信制課程の卒業後の状況(平成30年度間)」.文部科学省.2020-01-15
https://www.mext.go.jp/content/20200115-mxt_koukou01-000004175_5.pdf

文部科学省の調査結果からみた場合、通信制高校の生徒が卒業後の進路として就職した方は全体の19.6%です。
全日制の高校に通う生徒の就職率をみると16.4%ですので通信制高校に通う生徒の方が3.2%就職率が上回っていることがわかります。

この結果より見えてくることは通信制高校を卒業したからといって就職に不利だということはないということです。
実際に就職の際に履歴書に学歴を記入する場合、高校卒業資格に全日制、通信制の違いは全くないため「通信課程」であることを記入する義務はありません。卒業した高校名を記入するだけです。

面接の際に通信制課程であったことをお話しすることがあるのであれば、いかに自分が自主性を持って入学して学び、卒業する努力をしてきたか、どんな生活を送ってきたかを自信を持って話すことで面接時に好印象を与えることも可能でしょう。

また、近年では私立の通信制高校などを中心にトリマー、プログラマー、ヘアメイクなど専門スキルを学べる学校も増えてきました。通信制高校で専門知識を既に得ていることは就職の際に強い武器となるでしょう。

通信制高校がやめとけと言われる理由3. 偏見の目を向けられることが不安

通信制高校に通っていることで偏見の目を向けられるのでは?という不安を感じて進学を躊躇する生徒さんや、心配する親御さんもいらっしゃることと思います。

以前は、全日制の高校に通えない人の受け皿として通信制高校が捉えられている時代もありましたが、今は変わってきました。

以下のグラフをみてください。

高等学校の学校数(講師別推移)
出典:文部科学省 初等中等教育局 参事官(高等学校担当).「高等学校の学校数(公私別推移)」.文部科学省.2020-01-15
https://www.mext.go.jp/content/20200115-mxt_koukou01-000004175_5.pdf

これは文部科学省が発表した令和2年度の高等学校の学校数の推移ですが、全日制と定時制の高等学校の学校数が平成2年をピークに減少する傾向にある中、通信制高校の学校数が近年大きく増加する傾向にあります。つまり、通信制高校のニーズが高まっていることが伺えます。

特に私立の通信制高校では、独自のカリキュラムや専門コースの設置など、一般教養だけでない学びを提供する学校も増えてきました。その結果、通信制高校に通うことに付加価値があるという認識が浸透してきています。通信制高校に通うことで、素晴らしい体験をし、自分らしい生き方を見つけることで、今後の自分の進路にいかすことができます。

通信制高校が「全日制高校に通えない人が通う学校」という偏見でみられていたのは本当に一昔前の話で、今では通信制高校だからできること、通信制高校に通うことで得られるものを求めて入学し、多くを学ぶ生徒がたくさんいます。

偏見をもたれるどころか、通信制高校に通うことで得られるたくさんのメリットをより多くの方に知ってもらえたらと思います。

もし、親御さんが「普通の高校に行って欲しい」などやや通信制高校に偏見の目がある場合は、気になっている学校の説明会に行ったり、資料請求などをされてみてはいかがでしょうか?

実際にどんなカリキュラムがあるのか、通信型、通学型、どのようなメリットとデメリットがあるのか?など実際に話をきいてみることをおすすめします。

ID学園高等学校でも随時ご相談をお受けしています。
通信型、通学型6つのコースからご自身にあったコースを選択可能です。ご自身に合ったコースを見つけるためにもまずは資料請求をなさってみてください。

学校案内について詳しくみる

あわせて読みたい
説明会・相談会・電話相談・説明会動画 【個別相談・説明会・相談会】 個別相談(来校/オンライン) 学校説明会・合同説明会 【今すぐID学園を知りたい方】 電話で相談する 0120-426-966 おうちでかんたん視...

通信制高校がやめとけと言われる理由4. 費用面で高額になることがある

通信制高校は公立と私立があり、公立の通信制高校は比較的学費が安く通いやすい金額です。一方、私立の通信制高校となると学費が高額になってしまうことがあり、費用面で見た時に「やめとけ」という意見が出てくる場合もあるでしょう。

しかしながら、私立の通信制高校の多くはカリキュラムやサポート体制を充実させ、学習サポートや相談室などを手厚くしています。そのため私立の通信制高校は近年大変人気が出てきており、新設される学校が増えてきているのも事実です

通信制高校の特徴として基本的に「自学自習」をとっている高校がほとんどで学習計画などを自分で立てる必要があります。

高校を卒業するために必要な74単位を取得するためにはある程度の努力が必要で、怠けていると単位取得に時間がかかり3年で卒業することができなかったり、心が折れて中退したりと、「やめとけ」というネガティブなイメージをもたれがちな結果となってしまうのです。

また、私立通信制高校でも授業料が実質無料になる高等学校等就学支援金という制度を利用することができるのはご存知でしょうか?また、奨学金、都道府県からの補助など学費においての様々な減額方法があるので積極的に活用してください。

通信制高校の学費減額の仕方についてはこちらに詳しくまとめました。

あわせて読みたい
通信制高校の学費(授業料)について 通信制高校への進学を考えた時に気になるのが学費ではないでしょうか。「学費を抑えることはできるのか?」「通信制高校の学費は高い?安い?」など気になる通信制高校...

「やめとけ」といわれるのはよく知らない人が言うこと

ここまで通信制高校の「やめとけ」と言われることに対する理由を見てきましたが総じて言えるのは通信制高校を「やめとけ」というのは通信制高校に通うことのメリットをよく理解していない人が言うことである。ということです。

近年、通信制高校は独自のカリキュラムをブラッシュアップさせて魅力的な学校やコースがどんどん増えてきました。また、専門知識を早くから習得したい生徒にとって大変魅力的な学校もあります。

ご自身が何をどうしたいのか?今の自分、今後の自分には何が必要なのか?ということを意識しながら進学時の学校選びに役立てていただきたいと思います。

ご案内

よかったらシェアしてね!

ID学園高等学校は

一人一人にあった高校生活を一緒に考えます。

無料:電話相談0120-426-966 無料:オンライン相談も説明会個別相談はこちら 資料請求 Web出願受付

Copyright (C) 2021ID学園高等学校 ALL Right Reserved

HOME Web出願 資料請求 説明会
相談会