在校生ログイン
ID学園高等学校
資料請求
説明会・個別相談
Web出願
教職員採用情報
ID学園高等学校

通信制高校で友達をつくる方法とは?

通信制高校に入学を考えている生徒さんの中には中学や今までの環境と全く違った単位制の学校生活の中で友達ができるのか不安に思っている人も多いでしょう。今回は通信制高校ではみんながどうやって友達を作っているのか、そもそも高校内で友達を作る必要はあるのか?など様々な疑問にこたえていきます。

通信制高校で友達をつくる方法とは?

通信制高校でも友達は作れる

通信制高校は基本的にクラス単位で行動することがありません。単位制ということもあり、学年もクラスも関係なく各自カリキュラムを組んだ授業に参加します。そのため毎回同じメンバーと顔を合わせることも少ない状況です。そのような環境から大勢の友達を作るのは難しいかもしれませんが、親しい友達を作ることはできます。

通信制高校は社会人になってから高校卒業資格を取得するために入学する人、全日制を一度退学してから編入してくる人、中学を卒業してから新入学してくる人など年齢も入学時期も様々です。それぞれがいろいろな経験を経て通信制高校に通っているため、ある程度の距離を意識して付き合ってくれる人たちが多くいることも確か。
同じ境遇である人たちもいるため共感し合う友達を作りやすい環境ともいえます。

友達と仲良くなるきっかけとタイミング

通信制高校は基本的に自宅学習がメインであるため、友達と仲良くなるタイミングっていつ?と入学前に疑問に思う方も多いでしょう。

通信制高校で友達と仲良くなるタイミングについてご紹介したいと思います。

スクーリング

まずはスクーリングです。スクーリングは通信制高校によって違い、年に数回のところもあれば、月に数回など頻度が高い学校もあります。スクーリングは他の生徒と顔を合わせる機会になるため、スクーリングに参加して友達ができたという声はよく聞きます。

オンライン学習コースだと友達と会う時間が少ないので高校で新しい友達を作ったりする時間はあまり取れないかもしれないんですが、スクーリングなどで通学制の人と会って、友達になる機会もあります。私はスクーリングで出会った友達と今でも仲良くしています。みんな、スクーリングで話しかけてくれたり、思ったより明るいです!向こうからグイグイきてくれるとこちらも話そうと思えるので友達関係は心配しなくていいと思います。

ID学園高等学校の生徒さんの実際の声
二年生S.Tさん

同じ授業

通学制のコースに在籍している場合、選択する授業が同じだと毎回同じ生徒と顔を合わせる機会が多くなります。授業中はグループでワークを行ったり、意見交換を行うことも多いため他の生徒と必然的に話すきっかけが多くなります。そのため、同じ授業をとっている生徒と友達になるという生徒が多くいます。授業が終わって雑談しているうちに自然と仲良くなるということも多いようです。

毎月新しい生徒が入ってきてその新しい生徒とも毎日のように会ったり、会えなかったりが続くんですけど。それでも日に日に仲良くなっているのがすごいわかる。転入して良かったなーって思います。

ID学園高等学校の生徒さんの実際の声
2年生 A.Tさん

自習室

通信制高校によっては自習室が設けられている学校も多くあり、ここでは各自が課題に取り組んだり、授業時間以外に自習するために集まっています。自習室で自分のわからないところを質問したり、情報交換をしているうちに仲良くなるケースがほとんどです。

また、近年ではオンライン自習室といって、ZOOMなどを利用して決められた時間に集まり、個別のブレイクアウトルームに分かれて顔を合わせて各自が自習するオンライン自習も人気があります。自宅学習ではどうしても自分1人ではやる気を出せないという人も、決まった時間に集まって自習すると、学習時間にメリハリがつけられるのが人気の理由です。

また、休み時間として、勉強以外のトピックで会話をする時間などを設けている場合は、オンラインならではのコミュニケーションが個人間の距離をぐっと近づけてくれます。
実際に、リアル対面だとうまく話せなくてもオンライン対面だと会話が盛り上がる生徒も多いようです。

学校行事やイベント

通信制高校にも体育祭や学校祭のイベントがあり、学校行事に参加して活動するときにチームになった友達と仲良くなることもあります。同じ目標や目的をもって活動するので自ずと距離が縮まり会話が増え自然と友情が芽生えるのも学校行事やイベントの良いところで、開催時は積極的に参加しましょう。

友達作りが不安な人は通信制高校選びから対策しよう

中学時代に人見知りで友達作りが苦手だったり、高校での友達作りが不安に思っている人はまず、通信制高校選びから対策することをおすすめします。専門コースを専攻したり、登校日数の多いコースを開設している通信制高校を選ぶことで友達を作る機会はぐっと増えます。

やりたい専門コースのある通信制高校を選ぶ

やりたいことが決まっている場合は目的が達成できるコースを設けている通信制高校を選ぶべきです。

  • 将来は留学希望がある→外国語についての専門コースがある学校
  • 動物が好きだからペット関係の仕事につきたい→トリマーの専門コースがある学校
  • プログラマーになりたい→プログラミングの専攻コースがある学校
  • 大学進学したい→大学進学コースがある学校

同じ目的を持って集まった生徒たちは自然と意見や考えが合うので友達になりやすいと言えます。

同じ志をもつ仲間の中で生活すると必然的に会話が増え友達関係に発展することはそう難しいことではありません。少しの勇気を持って話しかけると意気投合し、素敵な仲間になれるということも夢ではありません。

例えばID学園では、専門学校「東京ビジュアルアーツ」、専門学校「東京クールジャパン」と教育連携し、音楽やダンス、映像、プログラミング、eスポーツ、ゲーム、アニメ、声優など専門的な学びを高校のうちから学べるようなカリキュラムがオプションとしてつけられます。希望生徒は週に1回程度専門学校に行って学ぶのですが、学年、コースが違っても同じ趣味や興味を持っているということで話が合い、切磋琢磨し合える素敵な友人関係が築けているようです。

登校日の多いコースや学校を選ぶ

コミュニケーションをとるのが好きな人や、基本的には学校に通いたいのだけど仕事や遠征などで学校に通えない日は自宅学習をして単位を確保したいという人は登校日の多いコースや学校を選ぶことをおすすめします。

週に3〜5日登校することになれば自ずと生徒同士が顔を合わせる機会も多いため必然的に会話の機会が増え、友達ができやすい環境となります。

セーリングの選手で、競技上、遠征することが多くて休む日数が増えてしまって、普通の全日制高校だと出席日数とかでちょっと支障が出てしまうのですが、でもちゃんと学校には行きたいなっていうのがありました。
ID学園高等学校は通学もできて、通信制のメリットで休んでも出席日数などに影響がないという利点があったのでID学園高等学校に決めました。
週5日の総合進学コースを選んだ理由は学校に通いたかったからです。もともと学校が好きだったので学校に行くことをメインとして、でもそれでも競技を続けたいので休むことができる学校を選び、尚且つ学校に行けるっていう。矛盾しちゃってるんですけど、「自由に休める」という環境があったので選びました。

ID学園高等学校に通う
A.Tさんの声

自分って「ぼっち?」学校で友達ができなくても気にする必要はない

自分は「ぼっち」だ。と感じて孤独に感じることがありますでしょうか?ある時、ある瞬間に孤独を感じることは人間なら誰しもあります。それが、「学校で話す友達がいないだけ」であってもです。そう。

「学校で話す友達がいない」ただそれだけです。

世の中、学校だけが全てではありません。学校が自分の世界そのものだと捉えて孤独に感じる必要があるでしょうか?学校以外に目を向けてみましょう。学校以外の友人、バイト先の先輩後輩、ネッ友。周りを見渡すと話せる人はいるものです。そして、そこに居心地の良さを感じるのであれば、あえて学校で友達を作らなけらばいけないと思う必要はありません。

世界は広いです。学校で友達ができなくても気にする必要なんて全くありません。

1番の目標は友達を作ることではなく卒業すること

通信制高校に入学して友達ができるか心配だったり、実際に入学しても友達がなかなか作れないことに不安を感じている生徒もいるでしょう。ですが、通信制高校に入学した一番の目標は卒業することではないでしょうか。

高校生活を楽しむ上で仲の良い友達がいればモチベーションアップに繋がることは確かです。しかしながら、高校時代に友達ができなかったとしても、高校を卒業してからの人生の方が遥かに長く、卒業後にいくらでも友達を作る機会はあります。

ちょうど10代であれば学校での生活や友達が世界の中心となっているように感じる年代ですが実際には、進学、就職してからの人生の方が長く、大切であると言うことを忘れず、高校卒業資格をとることを大事な達成目標として生活して欲しいと思います。

ご案内

よかったらシェアしてね!

ID学園高等学校は

一人一人にあった高校生活を一緒に考えます。

無料:電話相談0120-426-966 無料:オンライン相談も説明会個別相談はこちら 資料請求 Web出願受付

Copyright (C) 2021ID学園高等学校 ALL Right Reserved

HOME Web出願 資料請求 説明会
相談会