在校生専用ページ
ID学園高等学校
資料請求
説明会・個別相談
Web出願
教職員採用情報
ID学園高等学校

高卒資格と高卒認定の違いについて解説します!

「高卒資格」と「高卒認定」はとても似ている言葉です。そのため、意味の違いを聞かれて答えられない方も多いのではないでしょうか。今回は、高卒資格と高卒認定の違いにスポットを当てて解説します。どちらが自分に向いているのか、目標とよく照らし合わせながら検討してみてくださいね。

高卒資格と高卒認定の違いについて解説します!

高卒資格について

高卒資格は正式には「高等学校卒業資格」といい、その名の通り高校を卒業した証明となる資格のことです。全日制高校だけでなく、定時制高校や通信制高校も対象で、卒業すれば履歴書にはっきり「〇〇高等学校 卒業」と書くことができます。

学力だけに目が向きがちですが、高校生活では、規律を守る力、友達や先生とのコミュニケーション力、行事を通して学んだ協調性などが3年間で総合的に身につく点もメリットの一つです。

高卒認定について

高卒認定は「高等学校卒業程度認定試験」という正式名称を持ち、事情により高校を卒業できない生徒に対し「この試験に合格すれば、高卒者と同じくらいの学力を身につけている」と文部科学省が認めるものです。高卒認定に合格しても高校を卒業していないため、最終学歴が高卒とはなりません。その点を混同しないよう注意が必要です。

以前は「大学入学資格検定制度(大検)」という制度で、進学への受験資格のために使われていましたが、高卒認定に制度が変わってからは、就職やさまざまな資格取得にも活用できるようになりました。

高卒資格と高卒認定の違いについて

高卒資格と高卒認定の違い

では、高卒資格と高卒認定は取得期間と学歴の面でどんな違いがあるのでしょうか。それぞれ見ていきます。

取得期間が違う

高卒資格を得るためには、高校に3年以上在籍しなくてはなりません。高卒認定の場合は試験をクリアすればよいので、1回で全科目合格ということがあり得ます。コツコツ自習を進められれば、高校へ通うより費用も抑えられます。ただし、高校3年分と同等の知識を頭に入れる必要があるので、勉強期間はそれなりに必要となるでしょう。

最終学歴が違う

高校を卒業した際の最終学歴は「高卒」です。一方、高卒認定は、高卒と同等の学力があると認められているものの高校を卒業したわけではないため、最終学歴は「中卒」となります。

大学や専門学校へ進学した場合はそれが最終学歴となりますが、高卒認定に合格しただけでは中卒のままです。

高卒資格を得るとできること

高卒資格でも高卒認定でも進学への受験資格が得られます。しかし、就職に焦点を当てたとき、高卒認定では選べる職種の幅が狭まったり生涯での年収に差が出たりする可能性があります。高卒資格を取っておくことが将来的に自分の選択肢を広げてくれることになるでしょう。

高卒資格を得るための条件

高卒資格を得るためには、最低でも次の条件を満たす必要があります。

  1. 高校へ3年以上在籍する
  2. 74単位以上を修得する
  3. 特別活動に30単位時間以上参加する

全日制高校ではこれらがすべてカリキュラムに組み込まれていますが、事情により通えない場合は通信制高校を検討するとよいでしょう。全日制より登校日数を大幅に減らしながらも、自分のペースで単位を修得し、高卒資格を得られる環境です。在籍期間も単位も合計全日制から通信制へ転入・編入した場合は前籍校の分をある程度引継ぐことが可能です。

高卒資格を得る方法とは

全日制、定時制、通信制などの「高等学校」に通い、上記の条件を満たすことができれば高校卒業資格を得ることができます。

全日制の高校に通うことが一般的だと思われていますが、学校に通う時間を確保できなかったり、経済的な理由があったり、体調の問題などで毎日の登校が難しい場合は定時制、通信制の高校を選択するという方法もあります。

いずれも、条件をクリアすることで高校卒業資格を得ることができます。

高卒認定を得るとできること

高卒認定があると、大学・短大・専門学校への受験資格に加え、公務員試験や国家試験も受けられるようになります。志望大学へ合格し無事卒業できれば、高校を卒業していなくても最終学歴は「大卒」ですが、進学先を中退してしまうようなことがあれば「中卒」になることを覚えておく必要があります。

高卒認定を得るための条件

高卒認定を得るためには、試験に合格する必要があります。高卒資格のない16歳以上が対象ですが、合格しても18歳以上にならないと活用することはできません。高校卒業と同時期までは、高卒認定には効力がないということです。

試験は、8月と11月の年2回。8科目あり、全科目での合格が必要です。一度で全科目合格できなくても、不合格だった科目のみ次回の試験で再チャレンジできます。1年でクリアできなければ、年度をまたいでの受験も可能です。

高卒認定を取る方法

では、高卒認定はどのようにして取るのでしょうか。学校へ通うのが難しい、仕事をしている、まとまった時間が作れないなどさまざまな方がいると想定し、ここでは自分のペースで合格を目指せる一般的な方法をお伝えします。

ユーキャンなど通信教育で勉強して取る

高卒認定試験に合格するためには通信教育での勉強がおすすめです。ユーキャンなど資格に特化した通信講座では「高卒認定試験講座」が開講されています。徹底分析されたカリキュラムと多くの合格実績があるため、信頼できる教材で学ぶことが可能です。どこかへ学びに行く必要がなく自宅でコツコツ取り組めるので、仕事をしている方でも隙間時間に勉強できます。デメリットを挙げるとしたら、独学で問題集を揃えるよりも費用がかかるという面でしょうか。それでも、添削指導や疑問点の質問など、手厚いサポート体制で受講者を助けてくれるのは魅力的です。

独学で高卒認定(高等学校卒業程度認定試験)を受験して取る

通信教育での勉強に抵抗があるという方、費用を極力かけたくないという方は独学で試験合格を目指しましょう。数ある教材や問題集の中で自分に合ったものを見つけるのは難しいかもしれませんが、掲げた目標を達成するためなら頑張れるはずです。学習計画をしっかり立てて継続し、試験合格を目指しましょう。

高卒認定を最短で取る方法は?

学習期間をどのくらい取るかは個人によって大きく異なりますが、最初の試験を8月に受け、全科目合格するのが最も短期間で高卒認定を取る方法です。そこでいくつかの科目を落としてしまった場合は、11月の試験で合格を目指します。それでも約3ヶ月という短さです。

目的に応じて高卒資格と高卒認定の取得を目指そう

高卒資格と高卒認定のどちらを目指すかは、自分が何をしたいかによります。進学においては、高卒認定でも受験資格が得られるため問題ありませんが、就職では企業によって「高校卒業」が条件であるケースがあります。応募資格を満たせなければ、いくら優れた面があってもスタートラインに立てません。すでに目指す業界が決まっている場合、高卒認定でよいのか、高卒資格がないと不利になるのかを事前に調べておくとよいでしょう。

高卒資格を目指す場合は、学習・進路・メンタルなどにおいて手厚いサポートが受けられる私立の通信制高校がおすすめです。生徒一人ひとりの個性に合わせてカリキュラムを組んでくれる学校もあり、事情により全日制に通い続けられなかった生徒でも無理なく学習を続けられる環境です。気になる通信制高校についてはしっかりリサーチし、納得のいく学校選びをしてくださいね。

もし一度高校から離れていても、現在登校に不安を抱えていても、高校卒業をあきらめる必要はありません。進学や就職のためには多くの選択肢があることを知り、通信制高校の存在もうまく使いながら、新しい一歩を踏み出しましょう。

ご案内

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ID学園高等学校は

一人一人にあった高校生活を一緒に考えます。

無料:電話相談0120-426-966 無料:オンライン相談も説明会個別相談はこちら 資料請求 Web出願受付

Copyright (C) 2021ID学園高等学校 ALL Right Reserved

HOME Web出願 資料請求 説明会
相談会