ブログ

2020/10/12

在校生との座談会を開催しました

みなさんこんにちは。ID学園ブログ担当の坂口です。
今回は学校説明会にて行われた「在校生との座談会」の様子をお届けします。

 

ID学園ってどんな生徒がいるんだろう?学校生活は満足しているの?
そんな疑問にお答えするべく、学校説明会にお越いただいた生徒さんと保護者の方を対象に、在校生を交えた座談会を行いました。

 

ID学園からは高1~高2の3名、説明会参加の生徒さんは中・高校生と様々な方にご参加いただきました。
はじめに自己紹介を行いましたが「音楽好きでクラリネットを習っています」「動物好きでうさぎを飼っています」「筋トレが趣味です」など、個性あふれるメンバーばかりです。

そしていよいよ在校生への質問タイム。いくつかの質問に答えていただきました。さあ、どんな答えが出たでしょう?

 

Q.入学する前と後で、ID学園の印象は変わりましたか?
Aさん:「以前は通信制ってあまりよくないとか、ネガティブなイメージが正直ありました。でも入学してから印象がガラリと変わったんです。NewsPicks授業やAI型学習、席上留学など、ID学園の方が普通の高校より最先端行くんじゃないの?と感じるくらいです。」

Bさん:「通信制に来る生徒って静かな子が多いのかなと思っていましたが、話好きな子もいるし、個性がたくさんあって楽しいです。趣味もバラバラで、それぞれ好きなことができるという関係がいいです。」

 

Q.学習面や生活面など、ID学園のサポートはどうですか?

Cさん:「実は私、昨日英検に合格したんです!中学では英語が一番苦手な教科だったのですが、スタディサプリを使ったり、普段から先生に相談にのってもらうなどして、この半年間でみるみる伸びて。学習サポートは厚いと思います。」

Bさん:「中3英語で18点という世紀末みたいな成績を取ったことがあるのですが、今は英語の長文も最後まで理解しながら読めるまでになりました。先生たちも個性的で、たとえば数学の先生と話していたら『この数式、美しいでしょ』という話をしてくれたり、学問に対する興味が増えています。」

Aさん:「ID学園に来て、関心ごとや学びたい気持ちが増えました。生活面のサポートについてですが、毎日の計画を先生と相談し、個人のペースで生活ができるのがいいです。」

 

話題は変わり、レポート解説授業やレポートの提出の内容
Cさん:「レポート提出で一番気を付けなければならないのは、名前を書き忘れないことです!」
Bさん:「そうそう。送り先の住所を間違えないことが大事です!」 (一同笑い) ←おいおい、大丈夫かID生たち…(汗)

 

保護者の方から「皆さんの今現在の夢は何ですか?」という質問も。
Aさん:「やりたいことがあるので大学進学は決めています。好きなことをやる環境に身を置きたいですね。」
Bさん:「いくつかあって悩んでいます。精神科医になるか、ロボットをつくるか・・・。」
Cさん:「ディズニーが大好きなのでディズニーの近くに住んで、人生=ディズニーにしたいです(笑)。

座談会の最後は、後輩になるかもしれない生徒さんに向けて、在校生より一言ずつメッセージを言ってもらいました。

Cさん:「周りから『こうなったらいい』とか言われても、自分の人生は自分で決める!という気持ちが大切だと思います。」

Bさん:「現代社会では、出る杭は打たれるという場面に出くわすこともありますが、自分の色を絶対に忘れずに生きて欲しいです。」

Aさん:「自分にダメなところがあっても、直すのではなく、そこが自分らしさだと認める方がいいかなと思います。勉強ができなくても、何もないと思っても、とにかく生きていればいいと思います。」

 

在校生一人ひとりが芯をしっかり持ち、日々学んでいるのだと同席した教職員も再認識した座談会。
一人ひとりがそれぞれ個性の色を持ち、輝き続けられるよう、全力でサポートしていきたいと思いました。

 

「生徒の個性を日本で一番大切にする学校」というコンセプトを掲げるID学園。
皆さんの素敵な人生のスタートラインがここにあるかもしれません。ご入学をお待ちしております!

すきなことを好きなだけ
				あなたの居たい場所が「学校」になる フレックス型コース
通信制×全日制のハイブリッド型 第4の学校教育”を提供する最先端のコース 全日型コース