在校生ログイン
ID学園高等学校
資料請求
説明会・個別相談
Web出願

【顕微鏡で見たら〇〇がすごかった!】ファーブルフォト(双眼実体顕微鏡)にレッツトライ!

後期から授業の種類が増え、中でも理系授業の増設にID生徒たちも喜んでいます。

 

こちらは新しく始まった「生物実験」の授業の様子。

新しく講師に着任された鈴木先生、おもむろに顕微鏡を取り出しました。

(なんと鈴木先生、同法人郁文館高等学校の卒業生なんです♪!)

 

 

「皆さん、これはね、僕が中学2年生の時に親に土下座して、借金して、なんとか買ってもらったとても大切にしている双眼顕微鏡(ファーブルフォト)です。ファーブルフォトは家庭用携帯型実体顕微鏡で、倍率は20倍しかないけれど、一般人でもお求め可能。今日はこれを使って身のまわりにある様々なものを観察しながら、顕微鏡の使い方や物体の観察の仕方を学んでもらいますね。」

 

ワクワクな生徒たち。

でも何より先生が一番楽しそう(笑)

 

 

先生は、学校に来るまでの道のりで採取したコケやしぼんだ朝顔のつぼみ、10円玉などを用意しています。

 

するとそこへ生徒が「先生、これも顕微鏡で見ていいですか?」と取り出したのは、鳥の羽。

「うちで飼っているセキセイインコの尾の部分なんですけど・・・」

 

これには鈴木先生、大興奮!!!!

「こ、、、これは、、、なんてすばらしい被写体を持ってきてくれたんだ!!

ありがとう!見よう見よう!!」

 

 

顕微鏡に映し出されたのは、キラキラ水色に光る羽の細部。

「鳥の羽って一枚一枚こんなに繊細に光っているんだ!きれ~い!」

とみんなでうっとりです。

 

羽を持ってきてくれた飼い主のYさん、

「うちのサンくん(鳥さんの名前)の羽がこんなにきれいだったとは・・・!家に帰っていつも以上にかわいがってあげます」と話してくれました。

 

 

↑こちらが綺麗な羽の持ち主、セキセイインコのサンくん。

(おうちには他にも鳥さん(写真上)がいるとのこと)

 

他にも1000円札を観たり、指紋を観たりとみんなで身の周りにあるものを観察。たくさんの発見がありました。

「今日はとてもいいものが見れたね!!本当にありがとう~いや~素晴らしかった!!」と鈴木先生も大喜び。

好きなことを仕事にして生徒たちにその魅力を伝えるという、好きがあふれている授業でした。

 

 

 

生物実験の授業は何年生でも受講可。オンラインでもライブ配信しています。

皆さんもぜひ“のぞき”にきてくださいね!

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

ID学園高等学校は

一人一人にあった高校生活を一緒に考えます。

無料:電話相談0120-426-966 無料:オンライン相談も説明会個別相談はこちら 資料請求 Web出願受付

Copyright (C) 2021ID学園高等学校 ALL Right Reserved

HOME 電話・地図 資料請求 説明会
相談会