ID学園ブログ

2021/02/26

楽しく、そして真剣に人生について考えよう!スクーリング国語総合の授業

本日は「国語総合」のスクーリングです。

国語の授業と聞いて、

「長文読解が大変」

「難しい漢字をたくさん覚えなきゃ」

などといった少し難しいイメージを持たれているそこの皆さま!

ご安心ください。ID学園の教務主任であり国語の専門である古宇田先生は、

そんなイメージを払拭してくれる楽しくためになる国語の授業を行っています。

 

今回のスクーリング授業の冒頭では、初日ということもあり生徒たちの緊張をほぐそうと、

まずは漢字を使ったゲームでアイスブレイクをしました。

 

「皆さん、“口”という漢字がありますよね、この漢字に、2画足して、他の漢字を作ってみましょう。何個思いくかな?」

 

「え?そんな切り口で漢字を考えたことがないです…(驚)」

と興味津々にゲームに取り組む生徒たち。

 

 

「石・・・田・・・四・・・古・・・うーん・・・・。」

頭を悩ませる生徒も、すらすらと書き出す生徒も多様です。

そして、先生と生徒の対決をしながら答え合わせです。

思いついた「口+2画の漢字」を先に出し尽くした方が負けなのですが、

なんとこの勝負先生より2名の生徒が多く思いつき、先生の負け><

「なるほど『加』という漢字ね!これは出てこなかったなぁ。天才!皆さんの勝ち!」

一同が2名の生徒に拍手を送り、教室内も盛り上がりました。

 

「漢字も見方を変えると結構面白いね」生徒がつぶやきます。

そうでしょう?と古宇田先生がニヤリ(…したかどうかは定かではありませんが…)

 

 

そんな古宇田先生が今回のスクーリングに用意した作品は、

村田沙耶香さんの「コンビニ人間」。2016年に芥川賞を受賞した現代文学です。

この「コンビニ人間」の主人公は、世間一般的にいうと「就職して、結婚して、子供を育てているのが“普通”とされている年齢」なのですが、本人はその道を選ばず、コンビニでのアルバイトに生きがいを感じ、その仕事を全うしている“普通“とは少し異なった人生を歩んでいます。本人は満足していても、周囲からはなかなか状況を理解してもらえず、「自分は社会から認められない、存在が異物なのでは?」と息苦しさを感じているといった設定です。

 

本日のスクーリングではその内容について描かれている箇所を読み進めながら、

普通とは何か?人生で大切なことは何か?ということについて考えてもらうきっかけを提供しました。

 

 

「なんで周囲に合わせなくてはいけないだろう?なぜ大多数に合わせなくてはいけないんだろう?などと、

社会に対し違和感を覚えることがあります。」

 

ある一人の生徒が意見を出しました。

他の生徒も自分の人生と重ね合わせながら真剣に作品を読み進め、思考を巡らせているようです。

 

あっという間の2時間が過ぎ、国語総合のスクーリングは終了。

楽しいだけでなく、自分の生き方についてしっかり自分の意見を育組むことができる、

ID学園特有の国語総合授業でした。

すきなことを好きなだけ
				あなたの居たい場所が「学校」になる フレックス型コース
通信制×全日制のハイブリッド型 第4の学校教育”を提供する最先端のコース 通学型コース